« オステリア イル チエロ Osteria il cielo 大磯 | トップページ | YOSHIDASOUの春 »

2011.03.17

震災時の情報の大切さ:あらたにす・新聞案内人記事より

新聞社3社によるサイト「あらたにす」の新聞案内人の記事に、震災時の情報の大切さと題した寄稿がありました。

http://allatanys.jp/B001/UGC020006620110316COK00779.html

今回のような未曾有の災害の際に、どの様に情報に接し、発信するか、
また、どのような行動をとることが適切かについて、一助となれば幸いです。


地震発生時、私はお引渡し後の引っ越し直前の住宅にて竣工写真の撮影中でした。
当該地は震源から離れていることもあり、周辺建物含め、被害・損傷は見られませんでしたが、
停電が発生し、周辺では信号消灯による道路交通麻痺、店舗閉店、鉄道ストップという状況でした。
その中でも、手計算で商品を販売して下さる店舗さん、急遽展開され交通整理に当たられた警察や近隣の方々もありました。
幸い、私は当日中に帰宅できたものの、家族内でも帰宅困難者がおりました。

週末にはお施主様のお引っ越しもなんとか無事終えることができ、その他の方々の消息確認や移動の補助などを終え、漸く通常業務に復帰致しました。
日常の業務・仕事と非常時の不安感や無力感との行き来の中で落ち着きと行動力を取り戻しつつあります。

まだ、被災地には本当にたくさんの被災者の方々がおられ、たくさんの救助・援助活動が行われております。復興への道のりもまだまだ長いものですが、復興はもう始まっています。どのようなことで力になれるか、今後も微力ながらお手伝いできればと考えています。

皆さまも無理をしない範囲で考え、行動することが多くの方々の復興につながります。

|

« オステリア イル チエロ Osteria il cielo 大磯 | トップページ | YOSHIDASOUの春 »

Life 生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災時の情報の大切さ:あらたにす・新聞案内人記事より:

« オステリア イル チエロ Osteria il cielo 大磯 | トップページ | YOSHIDASOUの春 »